本と映画の埋草ブログ

本と映画についてあまり有意義ではない文章を書きます

アリー my love_メモ◎017「人生のテーマソング」[Theme of Life]

 冒頭はキックボクシングエクササイズに興じるアリーとレネとジョージア
 これはエクササイズとともにストレス発散もかねていると思われる。というのは、アリーはちょっと精神的に参っており、彼女の頭の中では事務所が水中にあって、そのなかを泳いでいる自分が見えるからだ。現実世界で窒息しそうという比喩であろうか。っていうCGが面白い。
 今回アリーが担当する裁判はイケメン医師グレッグが訴えられたもの。彼は患者を救うために緊急的に豚の肝臓を移植した。この処置について、患者は人としての尊厳を失なわせる行為であったとして訴えた。「人の体に肥えた巨大豚の肝臓を突っ込むなんて!」
 アリーはイケメン医師グレッグの魅力にハマりつつあり、グレッグもアリーに惹かれている模様。

 さて、アリーとレネとジョージアはキックボクシングエクササイズを続けているが、ちょっとした試合をしてみないか、と提案される。アリーとジョージアが試合をすることになり、そのことで事務所は大いに盛り上がる。秘書エレインが興奮し、ビリーは心配顔。

 アリーは事務所を泳ぐ幻想とともに、相変わらず、しばしばダンシングベイビーを目撃する。そんなわけで、事務所でブチギレ状態に陥るアリーに対し、ジョンは〈笑顔セラピー〉の先生を紹介する。
 ついに根負けしたアリーは、セラピーの先生と会うことにする。
 セラピーの先生の名はトレイシー。メガネを掛けたちょっとゴツい感じの女性で、演じているのは女優トレイシー・ウルマン。
 私は「アリー my love」のこの役でトレイシー・ウルマンを知ったのだが、おそらくアメリカでは著名なコメディ女優と思われる。その後、1999年のウディ・アレン映画「おいしい生活」においてウディの妻役を務めていたのが印象に残る。
 さて、セラピー場面、ひととおりの話を聞いたトレイシー(役名もトレイシーなのだ)はひとこと。「かなりキテるわね」
 これにはアリーもびっくり。「そんな言葉、普通、セラピーが使う」
 そして、アリーへのアドバイス
 ひとつ、ビリー? 忘れなさい。
 ふたつめ、ジョージア、ぶん殴れ!
 そして自分のテーマソングを見つける宿題を出し、私のはこれ、と言って「トレイシー」という曲を掛けて、ノリノリで踊り続けるのだった。どうかしている。
 ま、トレイシーはかなりキテいるセラピストというキャラで最高! その後もゲスト的にたびたび「アリー my love」に登場する。

 グレッグ医師の裁判は、途中、アリーが知らなかった豚の肝臓移植に関する研究助成金の話が出てきて、グレッグとアリーの信頼関係が揺らぐというトラブル発生。最終弁論はジョンが行うと告げるアリーに「君がやらないのは、ぼくを信じていないからか」と疑問を呈するグレッグ。
 「いいえ、あなたを信じるからこそ、ジョンで勝負したいの」

 さて一方、リノ女性司法長官とフィッシュの〈ラブラブ笑い〉のデート場面に遭遇したアリーは、フィッシュとウィッパーの仲を心配。そして、その予感は的中して、ウィッパーは長官の件でフィッシュを問い詰める。さらにはウィッパーは、偶然会ったリノ長官と直接対決。緊張感が盛り上がる。

 アリーはトレイシーとともに「Tell Him」をテーマソングに選ぶ。The Excitersというグループの1963年のヒットソングらしい。

www.youtube.com

 街中の歩道の信号機で待つふとした時間、アリーは頭の中で「テルヒム」を流す。するとなぜか周囲の人々もリズムに合わせて体を揺すり、信号が青になるとみんなして「テルヒム」の曲に合わせて踊りながら歩くシーンが素晴らしい。

 いよいよアリーとジョージアのキックボクシングの試合。ビリーもエレインもフィッシュもジョンも見に来ている。試合はものすごくエキサイトして、ゴングが鳴った後も殴り続けるふたり。やがてスローモーションでダブルノックダウン!

 一方、リチャード ・フィッシュとウィッパーの対決。フィッシュは単なる上昇志向で「偉大さに触れたかっただけなんだ」と弁解するが。ウィッパーの答え「さよなら、リチャード」

 

アリー my love_メモ◎016「禁断の果実」[Forbidden Fruits]

 「アリー my love」の放送が始まった1998年のアメリカで大いに話題になったのは、クリントン大統領のセックススキャンダルだった。
 そんな世相を踏まえつつ、ドラマ「アリー my love」としては上院議員の不適切な略奪愛をモチーフとした回。

 既婚者の奥さんと不倫をし、奥さんを奪って、もとの夫婦は離婚することとなり、上院議員と奥さんは結婚。というわけで、もとの旦那さんが訴えたのだ。
 上院議員の不倫事件であるから世間の注目も大きく、アリーのいる事務所にとっても最大級の仕事。全員総出で裁判所に向かう。しかも一発かますため、法律が苦手なフィッシュが法廷に立って意見を述べるという。
 一種の撹乱戦法なのか。「こんな訴えは意味が無い。理由は二つ。まず国民の程度が低すぎるから、こんなスキャンダルを喜ぶ。もうひとつは、ぼくのようなひどい弁護士。なんでもかんでも訴える。上院議員がこんな裁判に付き合う必要は無い。税金の無駄」傍聴人に大いにウケる。しかし、裁判長は問う。「でも大統領も裁判に掛けられたんですよ」
 フィッシュは平然と言い放つ。「あれは最高裁の失敗。最高裁が間違えた、ってことで」
 却下されてしまい、アリーが上院議員を弁護する。

 アリーいわく、愛し合う二人が惹かれあうのは自然なことであり、当然のことであり、何の問題も無い。つまり、運命の二人であれば、くっつくのが正解であり、相手が結婚してようがかまわない、と主張。妙に熱が入っているように感じられるのは、ビリーとジョージア夫妻の間に入り込み、ビリーを略奪しそうなアリー自身の弁護のようにも聞こえるからか。
 っていうか、ジョージアはまさにそのように感じ取り、ぶちぎれてしまい、ビリーと口論。

 事務所のビリーの部屋へ連行されたアリーは、憔悴したジョージアを見ることとなる。「昨夜は一睡もしてない」と説明され、ビリーはアリーに言う。「昨日、ジョージアに打ち明けたよ。まだきみが好きだって」
 驚愕するアリー。「え、なんで」
 「きみへの気持ちは、ずっと変わらない。いっしょに育ったぼくの分身なわけだから」
 ビリーとジョージアのふたりのセラピストに会ってくれ、と頼まれる。当然、アリーは困惑するわけで、だって、これってビリーとジョージアの夫婦の問題ではないか。
 しかし、しばしばダンシングベイビーを見るようになってきたアリーの精神状態も、けっして万全とはいえない感じ。ルームメイトのレネも心配するが、アリーは宣言。「ゴタゴタしてたいの! それが私だから!」

 略奪愛の上院議員の裁判も佳境を迎える。相手側弁護士は笑顔の素敵な女性ベテラン弁護士で、アリーも対抗意識バリバリで笑顔対決をしたりして緊張感が漂う。
 上院議員は事務所の職員だった女性の書類入れに、ナット・キング・コールの「浮気はやめなよ」のテープを入れて渡したという。略奪であり、不倫と理解して戦略的に妻を奪ったとして攻められる上院議員は言う。「人は意図をもって、誰かを愛したりしない」

www.youtube.com

 敵の女性弁護士の最終弁論は、上院議員は結婚の神聖さを侵したというもの。それに対するアリーの弁論は、運命の愛の尊さを訴えるもので、これが感動的なのであった。

 

アリー my love_メモ◎015「生涯に一度の愛」[Once in a Lifetime]

 アリーは事務所の経営者ジョン・ケイジとデートをする約束をしているが、あまり気が進まない。うまくいくわけないと感じているのだ。っていうか、ジョンは〈運命の人〉って感じがまったく無し。はたして、どうなる!

 といった話が進むなか、事務所に持ち込まれるのは著名な老画家シーモア・リトルからの依頼。七年前に妻を亡くしたのだが、孫ほども歳の離れた若い女性と結婚したいのだという。後見人でもある息子から反対されていて、結婚がかなわないので、なんとかしてもらいたいと言う。
 アリーはこの画家のファンであり代理人になるための挨拶に行くが、老画家はけんもほろろ。「こんなツンツルテンのスカートは認めん。ズボンをはいたまともな弁護士をよこせ。玉付きのな」
 というわけで、玉付きのビリーがサブに就くこととなる。

 老画家と結婚希望の女性とは60歳もの年齢差。息子は、父の無能力を主張。金目当て以外には、見えない。実際に女性に会ってみるが、金は要らないと言う。「チグハグな印象」とビリーは言う。「ところで、ジョン君とのデートはどうなったんだ」とビリーはアリーに問いかける。あきらかに嫉妬している感じで、アリーは少し浮かれた感じだ。

 アリーとのデートに臨む一方のジョンは、様々な不安を抱えていた。そのひとつが、唾液の分泌である。唾液が出すぎて困っているという。どうしたらよいかをフィッシュと相談していたところ、秘書のエレインが通りかかり、彼女が実践でご教示してくれた。強烈なキス! ジョンはフラフラ!

 さて、老画家の再婚問題だが、息子は大いなる違和感を抱えていた。父と母は運命の二人であった。だから、二度目の結婚などありえない、と。画家本人もアリーに問う。「妻が運命の女性だった。どうせ、おまえなど、運命の愛など知らんだろうが」
 アリーは答える。「だと、いいんだけど」

 今回の訴訟はアリーとビリーのコンビであるから、打ち合わせは二人きりになってしまう。ここで、あざとく流れるのはヴォンダ・シェパードが歌う「You Belong To Me」。第4話で流れた歌詞にピラミッドが出てくるアリーとビリーの思い出の曲だ。

 

www.youtube.com

 二人は恐れている。お互いが運命の人だったら……。ビリーがジョージアと結婚してしまっている現在、それでは困るのである。

 一方、アリーとのデートに臨むため、気合を入れるジョン・ケイジ。共同トイレのなかで鏡に向かって頭の中で鳴らすのは、バリー・ホワイトの曲だ。その後、ジョンの心のテーマソングとなるバリー・ホワイトは、この回から登場したのだなあ。
 で、実際のデート、アリーは早口でコスメ情報をまくし立て、ジョンはちんぷんかんぷん。

 老画家の再婚問題は、やはり偽装であることがはっきりしてくる。老画家の本当の目的は小さなギャラリーを開くことで、そこに今描いている絵を展示することだ。
 老画家は現在、かつての妻の絵しか描かない。息子に言わせると、それらはすべて駄作である。こんなものが大量に市場に出ると、過去の絵まで批判にさらされる。父親の過去の栄光まで堕ちてしまうのは絶対に避けなくてはならない。

 なぜ画家はギャラリーにこだわるのか、アリーは直接、画家のアトリエを訪れ、質問する。画家は答える。「ただ心にあるものを描くだけだ」
 アリーの最終弁論は「永遠の愛、というものは、あるのだ」というものだった。

 ラストに流れる曲は「The End of the World」である。
 ビリーがアリーの部屋でつぶやく。「君を諦めたことを、いつか許してくれ」

 「The End of the World」はアメリカの女性歌手スキータ・デイヴィスの1962年ヒット曲。世界的に流行し、日本では「この世の果てまで」という曲名でヒットした。

 

www.youtube.com

 「世界は終わったのに」と歌う曲が流れる中、老画家が一心不乱に妻の絵を描いている。彼には妻の思い出がすべてなのだろう。愛を失ったとき、世界は終わる。運命の人が死んでしまったのなら、なおさらだ。しかし、自分以外の世界は変わらずに動いているように見える。本当の世界はとっくに終わっているのに。

 「The End of the World」は多くの人にカバーされているが、なかに原田知世ヴァージョンというのがあり、YouTubeにあり、その映像が面白い。これって公式な原田知世ヴァージョンなのだろうか。違うのだとしたら、誰がビジュアルを作ったのか?

www.youtube.com

アリー my love_メモ◎014「ボディ・ランゲージ」[Body Language]

 アメリカの結婚式には様々な決まりがあるらしい。そのひとつが、花嫁の投げたブーケを受け取った女性は、次に幸せな結婚ができるとのジンクス。
 というわけで、オープニングは、結婚式に出席しているアリーとレネ。花嫁がブーケを投げた瞬間、画面はスローモーションになり、BGMはあの大げさな「ワルキューレの騎行」。

www.youtube.com

 必死の形相で周囲の女性たちをなぎ倒すアリー。ブーケをスライディングキャッチするアリーの醜い表情が、馬鹿馬鹿しくて可笑しい。

 その結婚式ではアリーは花嫁の介添人というものをやっている。花嫁介添人というのもアメリカの結婚式の決め事らしく、それをネタとしたコメディ映画「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン(2011年)」を、かつて見たのを思い出す。実に下品で楽しい映画だった。
 アリーは、もう二度と花嫁介添人などやらない! とレネに宣言。この誓いを破ったら、パジャマのまま外で踊って見せると見得を切るのだった。

 といったわけで、今回は〈なんで女性は結婚にこだわるのか〉といった騒動の一席。
 アリーのもとに舞い込んだ依頼は、終身刑の男性囚人との結婚を望む女性からのもの。これには当初、アリーも困惑。結婚といっても、当然一緒に生活できないし、触れ合うこともかなわない。それって〈結婚〉する意味がある?
 依頼人の女性に真意をただしてみるのだが、どうやら純粋な気持ちから発した思いのようだ。すなわち〈愛〉である。
 愛、となるとアリーは気合が入ってしまう。
 さらに、結婚を望む依頼人の女性とは、自宅のピアノの前で好みの歌も一致。レネも一緒に歌うことになるのは「フォー ユア ラブ」というラブソングで、調べてみると1958年のエド・タウンゼントという歌手の曲。

www.youtube.com

 囚人のお相手が妊娠していた場合に結婚が許されることもある、という情報を得たアリーは、とんでもないアイデアを思いつき、実行に移す。

 さて、一方、事務所の社長フィッシュは〈結婚という制度を信じていない男〉である。「結婚なんて男にとっては監獄に入るようなもの。お相手の男は牢屋の中なのだから、すでに結婚してるのと変わらないじゃない」なんて言ってるわけだが、彼の軽佻浮薄な行動、すなわちバーにいた女性司法長官の首のタルミに触れることにより、彼は窮地へと追い込まれる。フィッシュは女性の首のタルミフェチなので、この行為は性的な意味を持つ。その場面を、現在交際中のウィッパーに目撃され、喧嘩→お別れ、という騒動に。
 もう一人の事務所の経営者である変人ジョンは、謎の笑顔セラピーに通いはじめた、とのことで、実に不気味な笑顔が笑わせる。

 といったわけで、いろいろあって、ラストは〈二度と花嫁介添人をしない〉との約束を守れなかったアリーが、雪の降りしきる外の通りで、パジャマのまま踊るシーン。12話でも着ていた羊柄のパジャマで、異様にキュート!

 

アリー my love_メモ◎013「ペンギン作戦」[The Blame Game]

 今回は、前回の第12話、すなわちグレンとの一夜限りの情事に関する後日譚。
 海外へ旅立ったと思っていたグレンと偶然に出くわしたアリーは、もう一度、グレンとの行為に及ぶ。やはりCGのダンシングベイビーが軽快に踊り、バックにはヴォンダ・シェパードが歌う「Hooked On A Feeling」が流れる、といった様式美。

www.youtube.com

 事務所が抱える今回の訴訟は飛行機事故だ。
 飛行機が墜落し、そのために父を亡くした遺族が、航空会社を相手に賠償請求を行う。墜落の原因が一切不明であることから、航空会社は過失を認めない方針なのだ。過失を証明する具体的証拠がまったく無い。裁判を担当するのは、いつものジョンとアリーとジョージア。墜落の責任が航空会社にあることを法的に証明する必要がある三人は「このままでは賠償金が取れない」とぼやくのに対し、社長フィッシュが一言。「法律なんてどうでもいい。人が死ぬところに賠償金あり。金だよ!」

 そんなこともあってアリーは飛行機墜落のリアルな夢を見て(このシーンはなかなかの迫力!)あげくに夢の中でジョージアを殺してしまう! なんだかアリーは精神的に不安定になっていくのだ。
 さらに、グレンとの危険な情事に関し、ビリーが口を挟もうとして、アリーは動揺。ビリーは明らかに嫉妬心をたぎらせている。

 そもそもグレンと自分とでは接点があまり無く(弁護士と、アルバイトで食いつなぐスノーボーダーでは、あまりに価値観が違いすぎる!)うまくいくはずは無い、となんとなく考えているアリーであり、一夜限りという刹那的な状況だからこそ情事に及ぶことができたと思えるのだった。しかし、そんな「愛」の無い世界を否定したいアリーは、その後もグレンと継続的に付き合おうと努力するのだが、なんとグレンのほうから別れを切り出される始末。「キャリアウーマンに引け目を感じるんだ」といって去っていくグレン。
 なんてこと! 寝たのに! というわけで、無責任な男を懲らしめるため、アリーはルームメイトのレネに依頼し、復讐「ペンギン作戦」を実行する。ジョージアも加わって、グレンをひどい目に遭わせるのだが、ご都合主義的な成り行きもあって、見ていてあまり楽しいものではない。
 裁判では航空会社が事故の責任をなにかに転嫁しようとしており、アリーは自らの復讐も〈責任転嫁〉ではないかと反省しはじめる。自分が幸せではないからといって、それを誰かのせいにするのは間違っているのではないか。
 飛行機事故の裁判は、弱気になった航空会社から和解で68万ドルの金額が提示された後に、ちょっとしたドンデンがあって、結果が出る。いつもの下のバーで賑やかに楽しむいつものフィッシュ事務所の面々のシーンの後、アリーの仕事部屋でしんみりするアリーとビリーで今回は幕を閉じる。

 

アリー my love_メモ◎012「ダンシング・ベイビー」[Cro-Magnon]

 彫刻教室で粘土をこねるアリーとルームメイトのレネ。全裸の男性モデルを眺めながらの作成で、そのモデルのナニが常識はずれにデカく、アリーとレネが驚愕するというオープニング。「粘土が足りなくなっちゃう」とレネがお下劣発言。

 タイトルクレジットではジョン・ケイジ演じるピータ・マクニコルがレギュラー扱いになっていた。いままではゲスト出演だったはず。

 この回はいろんなことが並行して語られる。

 まずは、彫刻教室の巨大なモノをお持ちのモデルとアリーがデートをする話。コーヒーショップで、アリーは彫刻教室のモデルと偶然再会し、デートをすることになる。モデルは、自らをプロのスノーボーダーであると言い、モデルはアルバイトであると告げる。間もなく海外へ行かなくてはならないらしい。

 裁判はイケメン高校生の暴力騒動。お金持ちのご子息らしいのだが、デート中、彼女に暴言を吐いた同級生を殴って怪我をさせてしまったことに関する弁護。男らしく彼女を守ったのだが、それは暴行罪に問われるのか。

 そして、ジョン・ケイジはアリーをデートに誘う。

 アリーが勤める法律事務所の同僚たちは、間もなく行なわれるボクシングのビッグタイトルマッチの話で持ち切り。アリーは、あんな野蛮なスポーツを本気で楽しみにしている人々が信じられない。

 そんなわけで、これらのことは「男らしさとは何か」という問いかけのエピソードにも感じられる。この回の原題は「Cro-Magnon」、原始的な男の証明とは何なのか!

 そんななか、突如アリーは踊る赤ちゃんの幻覚を見る。
 BGMはブルー・スウェードの「Hooked On A Feeling」。「ウガチャカ、ウガチャカ」のイントロが聞こえ、赤ん坊のCGが不気味に楽しげに踊る。
 そして、この幻覚は、子供を授かるようにとの体内時計からのメッセージかも、というふうにアリーは推測。

 

www.youtube.com

 マーベル映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の挿入歌としても知られることとなった曲だが、私にとっては「アリー my love」でかかっていた曲、という認識になってしまっている。

 さて、そもそも、私がこのアメリカのテレビドラマ「アリー my love」を見始めたのは、はるか昔、まだレンタルといえばビデオだった時代。VHSのレンタルビデオアリー my love」の1巻目は、この第12話と第1話が収録されているという特殊な編集版だった。
 これは当時、トヨタのテレビCMでCGによる赤ちゃん「ダンシングベイビー」が使用され、気持ち悪くて可愛いと評判になり、これが一種のプチブームになっていたからだ。そんなわけで、「アリー my love」のドラマシリーズは、まずは話題の「ダンシングベイビー」が登場するエピソードを見せよう、という構成になっていた。いまでは考えられない。なにか広告代理店的な匂いのする話だ。
 といったわけで、この時期レンタルビデオで見始めた人は、12話を見た後に、1話から見るという変な見方をしたのだ。

 

www.youtube.com

 あと、ひとつ、この回で忘れられないことがある。というのは、アリーの着ている羊柄のパジャマがたいへんに可愛いかった、ということ。

アリー my love_メモ◎011「銀の鈴」[Silver Bells]

 いよいよクリスマス。
 どうやら「ケイジ&フィッシュ法律事務所」では毎年華やかにパーティーを催しているようで、セクシーな秘書エレインはそこで歌うための準備に余念がない。自分を引き立たせるバックコーラスを物色中なので、アリーにも声をかけるが「エレインのバックコーラスなんて!」と断られてしまう。

 さて、そんな事務所に持ち込まれる訴訟は、男1人と女2人の婚姻を法的に認めて欲しいというもの。
 アリーとジョン・ケイジジョージアが担当することになる。
 もちろんアリーは運命の愛を信じる立場なので、個人的にはそんなものは認められない。いつも、このように納得できない訴訟ばかり持ち込まれる、という定番パターン。
 アリーは主張する、絶対無理、法的に認められるわけが無いし、第一、私のポリシーに反する!
 しかし、常に金にポジティブで薄っぺらい社長フィッシュはこう言う。「無理だなんて、なんで言えるの? だって、クリスマスじゃない!」

 ところで、裁判で争われることとなる男1人と女2人というのは、このドラマ「アリー my love」の設定そのままじゃないか! 基本的に、アリーとビリーとジョージアの三角関係コメディなのだから。
 そして、一緒に働くことになって、ビリーはどんどんアリーに惹かれているようで、それが逆に刺激となってビリーとジョージアの結婚生活はかえって良好になっているとのこと。夜のジョージアが凄いらしいのだ!

 さて、この回ではクリスマスパーティーへ行くにあたり、モテない変人ジョン・ケイジが勇気を振り絞りアリーを同伴者として誘うのだが、あえなくフラれてしまう。その後、このドラマシリーズでは、ふたりは恋人、ではなく、お互いに変人同士で大親友になるという展開を知っている立場で眺めると、初期「アリー」のこういう展開は初々しくて微笑ましい。ドラマのはじめの方って、こんな感じだったのだなあ。

 そしてパーティで秘書エレインは、わざわざバックコーラスを雇い、セクシーダイナマイト(?)に「ママがサンタにキスをした」を歌い上げる。エレインの歌、最高!
 ということでYouTubeから、ジャクソン5の「I Saw Mommy Kissing Santa Claus」。
    ↓    ↓    ↓

www.youtube.com